CD『COOLTONE-GROOVE』片桐久尚

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

キーボーディスト、作曲家、音楽プロデューサーの片桐久尚が、初となるソロ・アルバム『COOLTONE-GROOVE』を自身が主宰するCOOLTONE-RECORDSより発表した。正式リリース前のここだけの先行販売!

作編曲からエンジニアリングまでを手がけ、ルーツであるジャズをベースにして多彩な楽曲を収録した本作。ローズの名手としても知られる片桐だが、アルバムはそのローズが主役のグルービーなナンバー「Let’s Groove」で幕を開ける。さまざまに表情を変えて響くローズ・サウンドは本作の聴きどころで、サックスとの掛け合いや流麗なソロで魅せるM6「HIP TOWN」は必聴。また、クラブ・ジャズ・テイストのM11「四っ数えろ!」のレイドバックしたグルーブも堪らない。

ローズ以外の楽器も満載で、M2「Godzilla」はシンセ・リードが印象的な1曲。本作では、モーグMinimoog、シーケンシャル・サーキッツProphet-5といったビンテージ・シンセのサウンドも随所で効果的に顔を出す。M3「City Slickers」ではファンキーなクラビネットをプレイし、M7「I am Rude man」ではサックスのメロディアスな旋律をクラビ・バッキングで支える。もちろんピアノも大活躍で、サックス、コントラバス、ドラムとのカルテットによるM4「Crazy Running」では、クリアかつキレのあるピアノを披露。また、M8「Passing Rain」、M12「貴方に恋してる」の切なくメロウなピアノ・サウンドが心を打つ。
キーボード・プレイヤーには、まさに“COOLTONE-GROOVE”と言える鍵盤楽器の響き、グルーブをぜひ体験していただきたい。

*試聴はコチラにて 
https://www.youtube.com/channel/UCambp6hrB39tjhXeKMobfsQ

片桐 久尚 Piano Rhodes Syn
バカボン鈴木 E.Bass
Donald Beck Contrabass
斎藤たかし Drums
井上歓喜 Sax
伊藤ハルトシ Cello
吉田篤貴 Violin
西込加久見 Magic mix

送料無料(国内)
お問い合わせ mail: cooltone.records@gmail.com

通報する